Amazon回遊録。

買い物の、 2005年から続く、さんざめく記憶と記録。

2006年 書籍・コミック

進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線

投稿日:

脳科学者、ベストセラー『海馬』の著者でもある池谷裕二氏がわかりやすく解説してくれる、脳にまつわるエピソード。

●ラジコン・ネズミに自由はあるか?
●〈意志〉が目に見える?
●「悲しいから涙が出る」んじゃない?
●世界は脳のなかでつくられる?
●「見ること」は無意識?
●神経細胞は増殖してはいけない?
●脳があいまいなのには理由がある?
●神経に直接効く薬?

 

-2006年, 書籍・コミック
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

島田秀平と行く! 全国開運パワースポットガイド決定版!!

あの明治神宮の「清正井(きよまさのいど)ブーム」を起こした、芸能界一パワースポットに詳しい手相芸人・島田秀平の全国の聖地案内 東京と京都を中心に全国を網羅! 恋に効く!仕事や金運に効く! 前半は、婚活 …

大漁旗ぶるぶる乱風編 にっぽん・海風魚旅4

  椎名誠さんの本。 冒険とキャンプと豪快さの中に、繊細さが潜む彼の文章は、多くの作家たちの下地になったと思う。 もう、どれがどの旅の本なのかは、ご本人も絶対把握してないだろう。

一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】

苫米地博士の洗脳術。 こんなもので人生が思い通りに運ぶわけがない。 だけど半ば「信者」と化した苫米地ファンにとっては、しばらくの間だけの福音書になるのだろう。どうせすぐ忘れる。 「こういうテクニックが …

湘南爆走族 ファースト フラッグ 2

1979年・冬。 まだ何者にも変化していないティーン・エイジャー達が暮らす湘南海岸。 セーラー服で疾走し愛車マッハのことしか頭にない海浜女子学園一年の桃山麻子。 一方、波打際高校に入学したが周囲は既に …

薬害でっちあげ あまりに非科学的な子宮頸がんワクチン阻止運動―新潮45eBooklet

いまだ間違った根拠で反対しているクズ人間もたくさんいる、HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)に関する報告。 反対派のせいで、大切な命が多数、失われた。 れいわ新選組も、その一派だ。許せない。